スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象と梅干とネイキッドギター

2010年08月23日 11:01

二月三月 花盛り
うぐいす鳴いた 春の日も
楽しい時は 夢のうち …

という書き出しで始まるこの詩は
「明治から大正にかけて尋常小学校の
国語読本に掲載された作者不明の誌」だそうで

ウエキ弦太さんの楽曲「梅干しの唄」の歌詞でもあります。

きのう、僭越ながら「sophie + ウエキ弦太」さんのライブの
PA的なことをやらせていただきまして、そのギターの鳴に感銘をうけました☆

IMGP0228.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ryutek.blog52.fc2.com/tb.php/173-6d4dfbfa
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。